CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)の口コミ

こちらの記事では、CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)の口コミについて紹介していきたいと思います。

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)とは?

こちらの項目ではCAD通信教育(AutoCAD JWCAD)の概要について紹介したいと思います。
CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)とは、諒設計アーキテクトラーニングが主催している資格取得の通信講座です。
以下の2つの資格を取得するためのテキストが用意されています。

CADデザインマスターって?

CADデザインマスターは、日本デザインプランナー協会が主催する認定試験に合格することで与えられる認定資格です。
建物を建築するときの構図や、配管電線の構図を行う時に必要とされるAUTOCADやJWCADの知識が身に付いていることが証明される認定資格です。
機械、設備、土木など様々な分やの仕事で必要なCADを使った作図能力を身に着けることが出来ます。
資格保持者は会社から資格手当がもらえる可能性があり、お給料アップに直結する資格を取得することが出来るのです。

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)では上記で紹介したCADに関する資格を得ることが出来ます。
CADとは様々な場面で利用することが多い、パソコンのCADソフトです。
有料の物からフリーソフトまで様々ですが、基本操作は変わりがないので今回の資格で捜査の基礎や作図法などを知ることが出来ます。
何かを立てる時には、必ずと言ってもいい程作図が必要です。
完成度にも大きく影響が出ますし、CADを使って作図をすることによって誤差のない正確な作図をすることが出来ます。
さまざまな建築現場で幅広く使われている何かを作るために必ずと言ってもいい程必要になるソフトなのです。

非常に需要があるCADの能力や知識が豊富に備わっている人が今少ないにもかかわらず、需要は相変わらず多いのでこれから資格を取得することによって、将来安泰に繋がる可能性が非常に大きいです。
もちろん、CADデザインマスターとして活動することで、今の職業よりもお給料が上がる可能性が高くなります。

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)は、CADを使った作図に興味がある人だけでなく、自分自身将来的なスキルアップを求めている人に向いています。
興味がある人は、受講してみてはいかがでしょうか?

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)の特徴

こちらの項目ではCAD通信教育(AutoCAD JWCAD)が持つ特徴を紹介します。
CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)は名前から想像する事が出来る通り、CADのデザイン法に関する資格を取得するための講座です。

CADデザインに関する知識を身に着けることが出来れば将来的な活動の選択肢を増やすことが出来ます。
工業系の学校の授業でも取り入れられているほど、CADデザインの専門知識は役立つのです。
CADデザインマスターとして活動を行うことで、今の年収よりも上の金額を狙うことも不可能ではなく転職のポイントとして受講している人もいる程です。

内容は他の講座と比べると、どうしても専門性の強い知識の量が多いので初心者には難しそうという印象があると思いますが受講を始めると、初心者でもわかるように簡単な言葉で詳しく、解説がされているので身軽に受講することが出来ると思いますよ!

通常とスペシャル、2つのコースが用意されています。
2つのコースの差額は2万円です。
受験料がそれぞれ1万円ずつですので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方がお安く受講できる計算になります。

受講に向いているのはどんな人?

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)は、どんな人に向いているのでしょうか。
講座の名前から想像することが出来ると思いますが、CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)ではCADデザインの専門知識について学ぶことが出来ます。

学ぼうという気持ちがあれば、誰にでもしっかりと学ぶことが出来る内容になっています。
理解しやすいカリキュラムに従って、自分の収入を今よりも上げて、人生の満足度を向上させるために資格を取得してみませんか?

CADに関する操作などの知識を学びたいと思っている人や、CADデザイナーとして活動することを期待している人は、なかでもおすすめな人ですね。

独立開業などはできる?

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)を受講することで、得られる将来的な活動の選択肢は大きく分けて2つあります。
1つ目は、カルチャースクールの講師としてCAD通信教育(AutoCAD JWCAD)で学んだ専門知識を生徒さんに教えることが出来ます。
2つ目の選択肢は、プロのCADデザイナーとして活動すること。

1つ目の選択肢は、カルチャースクールに応募することで実践することが出来ますが2つ目に関しては独立の際に経験やポートフィリオが必要であったりと用意するものがあります。
CAD以外の技術者も必要になりますね。
独立をすることは不可能ではありませんが、様々な用意をする必要があるという事を覚えておきましょう。

結論から言うと、独立することは不可能ではありません。

受講した感想と口コミ評判

・職場でCADの資格を求めている所が多いので、これは武器になるんじゃないかと思って受講しました。
初めて学ぶ内容が多かったのですが、コツを掴めばすぐに操作することが出来るようになりました。
転職時に資格保持が認められ、転職に成功したので人生の大きな分岐点になったと思います。

・職場で手当が出ると聞いて、受講しました。
普通にテキストも面白かったですし、操作が出来るようになるのが楽しかったです。
スペシャル講座でお金は少しかかったけれど、資格手当ですぐに取り戻すことが出来ました!

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です