カフェ・コーヒーの二つの資格取得講座

コーヒーが好きで趣味の方、またカフェなどを開業してオーナーを目指したい方。
下記の文章を読むことで夢を叶えられるようになったり、趣味での知識を深めることができます!

カフェ・コーヒーw資格取得講座とは?

コーヒーソムリエ、カフェオーナースペシャリストの2つの資格はカフェ・コーヒーW資格取得講座で取得することが出来ます。
カフェ・コーヒーw資格取得講座では、おいしい豆の見分け方や焙煎方法、コーヒーの美味しい淹れかたのコツ、豆のブレンド時相性などのコーヒーについての専門的な知識と、カフェオーナーとして必要な店舗を運営する知識を勉強することが出来ます。
コーヒー好きで楽しみたい方はもちろん、本気でカフェのオーナーとして新しい店舗を開業したい方にもおすすめの講座です。

コーヒーソムリエとは?

コーヒー豆の、コーヒーの産地や種類、美味しい生豆の見分け方、焙煎についてなどコーヒーを選び、楽しむための知識をを持っている人が持つことが出来る資格です。

カフェオーナスペシャリストとは?

まず第一に、カフェオーナーになるための知識を持つ人のことです。
またその知識を実際に現場で活用できる技術を身につけていることを認定する資格です。
マーケティングの基礎知識、経営戦略、店舗運営をするための知識、企画、新しいお店の開業、店舗を運営するうえで必要とされるもっている証明になります。

コーヒーの基礎情報

コーヒーは世界中で生産され、楽しまれている飲み物です。
日本へは18世紀頃に日本に持ち込まれてから日本でも親しまれています。

カフェ・コーヒーW資格取得講座の特徴

コーヒーの基礎知識や歴史はもちろんのこと豆のブレンドの方法、豆の選出方法、カフェを運営するにあたって必要なマーケティングの知識、新しいお店をオープンさせるときに必要な知識、コーヒーを入れるのに最適なカップやポットについてなども学ぶことが出来ます。
その他にも付属でついてくるコーヒー豆やフィルターを使い、コーヒーの適切な淹れ方も細部まで学べます。

講座の種類

この講座は、通常講座2種類とスペシャル講座2種類、合計4種類の講座があります。
4つの講座の大きな違いはコーヒーを抽出するときに必要なサイフォンセットとエスプレッソを淹れる専用の機械であるエスプレッソマシンがついているか、資格が取得できるかできないかの違いになります。

講座の説明

スペシャル講座は卒業時に課題がついており、それを提出することで通常講座では受験が必要な資格試験を別途受験することなく資格を取得できます。
また個人でコーヒーを楽しむためにも、新しいお店をオープンする際にも必要なサイフォンセット、エスプレッソマシンもついてくる講座もあります。
既にサイフォンセットやエスプレッソマシンを所持している人は、通常コース。
これから本格的にコーヒーについて勉強をしていきたい人はスペシャルコースをw乱打方がお得になりますね。

講座の値段

サイフォンセット、エスプレッソマシンの二つがついてくるものとついてこないものの差額は2万7千円。
スペシャル講座と通常講座の差額は2万円です。
コーヒーソムリエ、カフェオーナースペシャリストの両方とも受験料1万円ずつかかるので資格までほしい人はスペシャル講座を受講するとお得になります。

どんな人が受講に向いているのか

これから自分がオーナーになり自分の店舗を開きたいと思っている人。
自分が淹れたコーヒーでお客様に喜んでもらいたい。
コーヒーが好きで趣味として楽しみたい人にもぜひ受講してもらいたい講座です。

独立開業など、お仕事に応用できる?

喫茶店を開業する人にもぜひとも受講してもらいたい講座内容です。
自分がオーナーになり喫茶店を開業、運営していくうえで大事な知識がわかりやすく生部事が出来てコーヒーの総知識を向上させることもできます
せっかく開業しても、売り上げが伸びずに経営不振となりお店を閉めてしまうオーナーも多いです。
どのような土地に店舗を出すか、大体1日何人お客様が来店してくれるか、メニューはどのような構成にしていくのか、しっかりとした知識をつけることによって活かすことが出来れば将来的にに必ず良い結果を導くでしょう。

受講した方々の感想と口コミ評判

・将来的に、喫茶店を開業したいと考えています。
この講座では、コーヒーについての色々な知識だけではなく、開業をした際に必要な知識や情報他にもコーヒーの美味しい淹れ方を実際に教えてもらうことが出来たので将来自分の店舗を開業をした際に役立てようと思っています。

・今飲食関係の喫茶店の職に就いています。
コーヒーが好きで元々独学でコーヒーについてまめの産地や焙煎方法を調べたり勉強をしたりしていたのですが、もっと深いところまで学びたいと思い受講しました。
すでに知っている知識もありましたが、自分の知らない知識もあったり、実技面でも自分の改善するところが見つかったのでとても勉強になりました。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です